インフルエンザ対策を考える。下半身特にふくらはぎを鍛える方法

スポンサードリンク

Sponsored Link


インフルエンザ流行の兆しのニュースがありました。

風邪には負けない身体を作る インフルエンザ対策を考えましょう。

kaze

Sponsored Link

最近低体温の人が増えているようです。
低体温とは一般に平熱といわれる36.5℃前後に対し
35.5℃近くの状態をいいます。

体温を上げる方法には運動をして筋肉を増やす方法があります。
それには下半身、特にふくらはぎを刺激すると良いですね。

ふくらはぎは第二の心臓とも言われ 血流を良くして体温を高めて免疫力もアップします。インフルエンザがまた流行りだしていますが 低体温が風邪を引きやすくする原因にもなります。

kazefurueru

理由は体温が一度下がると免疫力が役30%下がり
風邪を引きやすくするからです。

他には低体温になると血流が悪くなり基礎代謝が低下します。
それが乾燥肌になったりむくみの原因にもなります。

そこで対策?低体温になりにくい身体を作る方法ですが
それは下半身、足に筋肉をつける事です。
特に足の裏ふくらはぎですね。

理由は下半身の運動が足りていないと
下半身の静脈に血液が滞りやすくなり血液循環が悪くなるのですよ。

血液を心臓まで返す力も弱くなるので
血液やリンパ液を心臓に戻すには
足の筋肉が収縮・弛緩することが大事なのです。

足の運動は静脈やリンパの流れをよくしてくれるそうですよ。

分かりました、やることは見えてきましたね。
そうですウオーキングやジョギングですね。

スクワットも良いですね。

特にお尻や太もも、ふくらはぎを意識して筋肉をつけて下さい
というアドバイスがありますよ。\(^o^)/

asihkurahagi

血流がよくなると体温が上がり免疫力アップになります。
そうすると風邪を引きにくい身体になるのですね。

インフルエンザが流行ってきていますが 薬で対策ではなく
運動をして身体の免疫力をアップする 対策が大事ですね。

スポンサードリンク

Sponsored Link


コメントを残す